死について

死について

餓死寸前の経験を経て、自然死とは何かを知った

全ての人間にとって、死ぬことは、こわい。 自殺したいほど苦しいけど、死ぬのがこわいから死ねない、そんな経験のある人も少なくないと思います。 飢餓状態の経験を経て、「生」と「死」を連続的なものとして捉えることができ、自然死とは何...
死について

恥ずかしい生き方はしたくない、死を覚悟するとき

勇気ある行動 2001年、酒に酔ってホームから転落した人を助けようとして亡くなった韓国人留学生(26)、日本人カメラマン(47)の行動は今でも私の生き方を方向付けてくれている。 この行動を「勇気ある行動」と呼ぶことに対して批...
死について

人生のどん底で「死にたい」と思っている人へ

私は36歳のときに、人生のどん底で死のうと思ったことがあります。その時に考えたこと、もがいたこと、必死になって生きる方法がないか模索したことを記します。今死にたいと思っている人の心に少しでも響けば幸いです。
死について

安楽死と尊厳死と自殺の違い、自然死のススメ

安楽死とは「身体的苦痛」を伴うことが条件で、「精神的苦痛」では安楽死はできませんし、そもそも安楽死と呼びません。外国人が唯一安楽死できる国として知られているスイスでは、じつは安楽死は違法であり、医師による自殺幇助が合法化されているだけです。なので死ぬときは自分で薬物を注入する必要があるのです。
死について

「死ぬときに後悔する8つのこと」から生き方を考える

「多くの人が死ぬ時に後悔するであろう事」を想像し、自分の生き方を考えてみる。 死ぬ前に後悔しないためにというよりは、今を本当に有意義に生きられるように。
死について

お金と健康と自殺を考える

死にたいと思ったことのない人なんていないと思うけど、それでも今生きているのはなぜですか。自殺するのが怖かったから?誰かに支えてもらったから?自分より辛い思いをしている人なんてゴマンといるという思い・・・
死について

生命保険を勧めてくれた叔父さんの死(続き)

末期がんで苦しむ叔父さんが病床で昔のことを思い出して笑いました。死を前にした人を笑わせることのできる「思い出」のチカラはすごいと思いました。
死について

生命保険を勧めてくれた叔父さんの死

生命保険の営業マンをしていた叔父さん。生命保険を勧めてくれた数か月後にガンで亡くなりました。あのとき見せた寂しそうな表情の意味がわかりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました