6月はベリー類の宝庫、山に自生しているマルベリーや木苺

いちご自然農と自然食
スポンサーリンク

ベリー類といえば、ストロベリー(苺)とブルーベリーしか知らなかった私ですが、山に入るとベリー類がいろいろ自生していることに気づきました。

山に自生しているベリー類を紹介します。

マルベリー(桑の実)

桑の葉は昔から蚕の餌として養蚕などに使われてきましたが、人間も食べることができます。蒸すと粘り気が出て美味しいです。

5月頃から新しい葉が出てきます。

桑の木

5月末からは桑の実(マルベリー)が生り始め、収穫は鳥との競争です。

6月上旬には鈴生りです。

桑の実すずなり
桑の実

熟した黒っぽい色の実をたくさん収穫します。

桑の実

収穫した桑の実は、ハチミツ漬けにしておくと長期間保存が効いておいしいです。

桑の実のハチミツ漬け

ベリー類の多くはポリフェノールによる色素がすごくて、このマルベリーも例外ではありません。

収穫した手は真っ赤になりますし、食べると舌も真っ赤になります。

服に付着するとなかなか落ちませんのでご注意ください。

ベリーの色素付着で真っ赤な手

野イチゴ

野イチゴはラズベリーと同じで中が空洞になっていて、様々な種類があります。

クサイチゴ

クサイチゴ

野イチゴの中でもおいしい部類です。

中が空洞になっています。

中が空洞の木苺

ニガイチゴ

ニガイチゴ

ニガイチゴと聞くと苦そうですが、実際食べてみると苦くありません。

種が苦いためニガイチゴというそうです。

モミジイチゴ

モミジイチゴ

モミジイチゴは木苺の中でも最もおいしく、黄色っぽいのでわかりやすいです。

ヘビイチゴ

ヘビイチゴ

これはよく見かけるのですが、実は食べられます。

おいしくありませんが。

ジュンベリー

ジュンベリーは庭に植えておくと毎年収穫できてありがたいです。

鳥に食べられるので5月中旬になってきたら収穫準備を。

下の写真は5月中旬の頃ですが、赤くなってきたら収穫しましょう。

ジュンベリー

たくさん収穫して洗ってハチミツ漬けにしておくと、長期間保存できます。

収穫したジュンベリー
ハチミツ漬けにしたジュンベリー

ブルーベリー

ベリー類は5月末~6月に旬を迎えるものが多いのですが、ブルーベリーは7月に入っても下の写真くらいで、まだまだです。

ブルーベリー
ブルーベリー

旬のブルーベリーを収穫して凍らせておけば、冬でもおいしく食べられます。

ブラックーベリー

準備中。

オススメ山菜10選、アク抜きなしで食べられる野草
山菜は無農薬無肥料で育った無料の野菜です。無農薬の野菜をわざわざ育てなくても、食べられる山菜が山にはたくさん自生しています。しかもお金を出して買う野菜より栄養価ははるかに高いのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました