調理が楽しくなるオススメ調理器具ランキング

包丁自給自足用品のお店
スポンサーリンク

はじめに

調理器具に良いものを使うと、料理が楽しくなります。
私はまな板を変えるだけでとてもテンションが上がりました。
自給自足という観点からは、金属製の調理器具を自作することはなかなかできませんので以下のランキングを参考に購入を検討してみてください。
(個人的にはたたら製鉄で砂鉄から作ってみたい気持ちはありますが。)

1位:文化包丁

包丁選びは毎日の料理を楽しくするためにとても重要です。
私が愛用している包丁は、備前長船の日本刀包丁です。
購入した当時は3万円ほどでしたが、今や10万円以上の値がついています。
手になじんで切れ味よく、砥石で研いでやれば何度もよく切れるようになります。
砥石で包丁を研いでいると愛着が湧いてきますし、道具って手入れをしてこそだなぁと思うのです。貴重な包丁を作っていただいた職人さんにも感謝の念が湧いてきます。

文化包丁

2位:まな板

市販のプラスチック製のまな板から、大きな木のまな板に変えるだけで料理が楽しくなります。
私はまな板を鋸で自作しましたが、とても満足しています。
良い鋸を使えばしっかりとしたまな板を切り出すことができます。
ただしとても重労働です。下のまな板一枚を作るのに、山から木を伐りだしてきて、1年間乾燥させ、ノコギリ1本でまな板にするのにトータルで2年程かかりました。その工程を楽しめるような人は自給自足に向いていますね。

まな板

3位:土鍋

料理をするのに土鍋は必須です。
私のオススメは森修焼の「味鍋」と「シェフ鍋」です。
「シェフ鍋」は残念ながら販売終了となってしまいました。
生採食を実践するのに蒸し野菜が簡単にできるシェフ鍋(タジン鍋)は必須なんですが・・・

土鍋
左:シェフ鍋 右:土鍋

4位:焼き網

100均でも金属製の網は買えますが、安物の網はメッキされているので有害金属が溶出しますし耐久性も低いです。
オススメの網はステンレス製の網です。
加工がたいへんなので非常に高価ですが、耐久力抜群で一生モノになります。
私は下記の網を職人さんに作っていただきました。
購入した当時で数万円しました。
10年以上使っている今でも全く劣化していません。

ステンレス網(丸形)
ステンレス網(角型)

5位:土瓶

お湯を沸かすだけですが、これも森修焼の土瓶がオススメです。
ただ、こちらも非売品になってしまいました。
毎日のむ白湯を沸かすために、ぜひとも良い土瓶が欲しいですね。

土瓶
安全な食器ランキング
はじめに食材にはオーガニック食品など気を使う人でも、食器に気を使わない人は多いかもしれません。しかし食器から食べ物に良いものも悪いものと溶け出しますので気を使ってほしいです。例えば昔の鉄瓶などは鉄が溶け出すため鉄分...

コメント

タイトルとURLをコピーしました