黒猫(紹介)

黒猫猫との暮らし
スポンサーリンク

捨て猫だったクロ

家に猫を飼ってるんだけど、もう拾ってきて10年近くになるかなぁ。

真っ黒なので名前はクロ。

クロはほとんど生まれたてで捨てられていた。

片手に乗るほど小さかったクロを家に連れて帰って、スポイトでミルクを飲ませて育てた。

小さかった頃は、犬か猫かも分からなかった。 ホントに。

乳飲み子の子猫を育てるのは難しいらしく、死んでしまうことも多いと聞く。

子猫を育てることは初めての経験だったので、試行錯誤の連続だった。

家族の一員になってくれたクロ

我が家には、「ペットはペットショップで買わない」という暗黙のルールがあって、これまで飼った動物はみんな捨てられてたり保健所で貰ってきたり、そんな境遇の子たちばかりだった。

でも、我が家の一員になったからには、少しでも幸せになってほしいと、家族の一員として大切に大切に育ててきた。

それがいつしか、僕たちのほうが癒されて、助けられて生きていることに気づかされるのだった。

クロも例外ではない。

仕事から疲れてトボトボと道を歩いていると、道の真ん中で、いつから待ってたんだと思うくらい、しっかり座って迎えてくれる。

昼寝をしていると、お腹の上に乗ってきて、寝る。

幸せを感じながら一緒に寝る。

嫌なことがあると、クロのことを考えて笑顔になるようにしている。

そして嫌なことを考えるくらいならクロのことを考えて笑顔になるようにしている。

クロが寝るときは仰向けに寝る。

テレビで「仰向けに寝るのは人間だけだ」と言っていた獣医さんがいたけど、猫もそうなんだと知った。

無防備すぎて笑えてくる。

踏まれても知らんでー。

黒猫
黒猫(突然の別れ)
自宅で飼っていた猫が亡くなりました。キミと過ごした10年の月日はかけがえのないモノで、僕たち家族はとてもたくさんの幸せをもらいました。キミは僕たち家族の一員になって幸せでいてくれたかな。心からありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました