生命保険を勧めてくれた叔父さんの死

夕焼け死について
スポンサーリンク

叔父さんとの思い出

私には保険の営業マンをやっている叔父がいる。

自分が小さい頃、よく遊んでもらった仲のよい叔父さんだ。

私が成人してから時々、終身保険や個人年金を紹介してくれたり。

医療保険もいくつか勧められたのだが、そもそも私は日本の医療を信じていないので必要ないと一切断った。

ガン保険に加入しても抗がん剤、外科手術、放射線治療を拒否するつもりの私には意味がないと。

話していくうちについ熱くなって、私は日本の医療に対する怒りや憤りを熱弁した。

叔父さんは寂しそうな表情で聞いていた。

叔父さんは、「ガンは治療すれば今は治る病気だから。それにこの保険はガンと診断された時点でまとまったお金が貰えて、そのお金は治療に使わなくても好きに使っていいんだ。死ぬ前に夢を叶えるために使ってもいいんだよ」 。

私は「へえー」と少し興味を持ち、最近のガン保険はなかなか良い仕組みになってるんだなぁと思ったんだけど、結局契約しなかった。

訃報

それから半年ほど経ったある日、叔父さんから電話が来た。

近々会えないかという問い合わせだった。

私は、また保険の勧誘かと気が進まなかったが、とりあえず会うことにした。

数日後、久しぶりに会った叔父さんは、一目見て病気だと分かるくらいヤツレていた。

聞けば、「末期」とのことだった。

以前、保険を勧めてくれてた時にはもう、進んでいたのか・・・。

その1ヶ月後、叔父さんは、亡くなった。

「ガンは治る病気」と胸張ってガン保険を勧めてくれたのに・・・。

後で聞いた話では、叔父さんは、私に勧めてくれたガン保険に自分で加入していたようで、私の自宅を訪問した時点で一時金が入っていたらしい。

日本の医療ではガンは治らないと熱弁した私に見せた寂しそうな表情は、保険の契約が取れないことに対するものではなく、自身に降りかかった不幸を改めて見つめ直してのものだったのか・・・。

あの時、叔父さんは「一時金は自分の夢を叶えるために使ってもいいんだ」と言っていた。

その言葉通り、彼は治療に使わなかったはずだ。

45歳という短い人生の最後で、夢を掴むために・・・

生命保険を勧めてくれた叔父さんの死(続き)
末期がんで苦しむ叔父さんが病床で昔のことを思い出して笑いました。死を前にした人を笑わせることのできる「思い出」のチカラはすごいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました