今を生きる

春の花幸せになる生き方
スポンサーリンク

心に残る詩

何かの本で読んだんだけど、自分が辛かったときに助けられた一説。

穏やかな心でいることが難しい時は、
1日の休戦を宣言しましょう。
24時間、武器を下ろして警戒を緩めてのびのびしましょう。
今日は今日だけでいいのです。

もう一度、幸せを味わいましょう。
友達と一緒に笑いましょう。
人生を存分に生き抜くことは、思い出を裏切る事ではありません。
あなたの大切な人は、ただただあなたの幸せだけを願っているはずです。

この一説に何度救われた事だろう。

今日は今日だけでいいのです

「今日は今日だけでいいのです」

そうなんだ。

未来も過去も忘れて、今日一日を楽しく過ごせれば、人間は幸せなんだってこと。

未来の事を考えるから不安になるんだ。

未来の事で悩むなんて時間がもったいない。

改めて、一日のほとんどの時間を、未来を考えることに費やしていることに気づかされた。

未来と言えば聞こえがいいけど、数時間とか数分先のことを常に考えて日々生きている。

数秒先の未来もずっと先の未来も、そんなもの本当は存在しなくて、あるのは「今」だけなんだ。

「今」考えている未来は永遠に来ないってことも、だんだんわかってくる。

マインドフルネス

40年間の人生で、やっと今日を楽しむ生き方ができるようになった。

道端に咲く花を見て、今を懸命に生きている姿に心を動かされるようになった。

今日起こる出来事をあるがまま受け入れて、童心になって楽しむ生き方。

これがマインドフルネスの神髄。

「今」が楽しくなければ、未来の楽しいはずはない。

僕たちは「今」を生きているんだから。

「今になりきる」ことができれば一切を超越するのだ。

求めない生き方を。

求めない生き方
人間の最も根源的な欲求である「食欲」を抑えれば、その他の欲求が顔を出さなくなります。求めない生き方とは食べることを抑えることから始まります。あれも欲しい、これも欲しいという生き方から卒業しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました