白血病の猫と暮らす

白血病の猫猫との暮らし
スポンサーリンク

10年連れ添った捨て猫だったクロが亡くなって1年になる。

黒猫(突然の別れ)
自宅で飼っていた猫が亡くなりました。キミと過ごした10年の月日はかけがえのないモノで、僕たち家族はとてもたくさんの幸せをもらいました。キミは僕たち家族の一員になって幸せでいてくれたかな。心からありがとう。

その間、いろんなことがあった。

シロとの出会い

障害をもっている猫との出会いがあった。

シロと名付けられて、ある家庭で大事に飼われていた。

(シロの名前の由来は手だけが真っ白だかららしい)

シロは白血病だった。

猫の白血病はウイルス性で感染するため、他の猫と一緒に過ごすことが出来ない。

だから、その家庭では他の猫と接触しないようゲージで飼われていたんだけど、狭い所でかわいそうというので里親を探されて、我が家に来た。

シロには左足がない。病気ももっている。なかなか引き取り手がなかったようだ。


白血病の猫

動物愛護センターにて

以前、動物愛護センターに殺処分される猫を譲ってもらおうと訪問したことがある。

動物愛護センターというのは、捨てられた犬や猫を「処分」するために自治体が設けている施設のこと。

驚いたことに、今は猫ブームで引き取り手が多く、特に子猫は順番待ちとのことだった。

ただ、その動物愛護センターのホームページには、そのセンターだけで年間1000匹の猫が殺処分されているとあったので、ツジツマが合わないなと思いながら理由を詳しく聞いてみた。

じつは譲渡対象にならない猫がたくさんいて、人になつかない猫、病気をもっている猫、障害をもっている猫などは、仮に譲渡希望があっても殺すということだった。

辛い目にあってきた猫ほど、幸せになれず殺されていく現実に愕然とした。

そんな経験もあってシロを引き取ることにしたんだ。

シロから元気をもらって生きる

シロはとても人懐っこくて、とても大事にされてきたんだと思った。

だからこれから育てることにとても責任を感じた。

そんな僕の気持ちとは裏腹に、シロは片足で元気に走り回り、片足が無いことを感じさせない。

自分の病気や障害を、あるがまま受け入れ、気にもせず生きているようだった。

そんなシロの姿に毎日勇気をもらっている。

猫の写真で一言
我が家の愛猫のお気に入り写真を掲載しようと、一言添えて載せてみます。反響があれば第二弾も。ご覧ください。我が家の猫写真15選 「おはようございます、ニュースゼロの時間です。」...

片足で懸命に生きる白血病の猫

コメント

タイトルとURLをコピーしました