山登りで空の青さに気づく

青空幸せになる生き方
スポンサーリンク

登山のススメ

自宅から10km程のところに、標高400mくらいの山がある。

いつも、病んでくるとこの山に登る。

自然に助けを請うために。

携帯電話もスマホも、タブレットもデジタル時計も、電子機器を一切持たず、自分の身ひとつで山に登る。

登山道が整備されているが、道中、人に会うことも無く、会うのはイノシシと野ウサギくらいか。

ゴッツイ木が何本も自生している。

「お前はこの山で100年以上も生きとるんやなー」

「俺なんてたった30年、まだまだガキやなー」

木に語りかけながら、また登る。

ゆっくりと流れる時間の中で、やさしい木漏れ日を浴びながら、黙々と登る。

途中、流れている沢で水を飲み、汗を拭き、生えている苔の美しさに癒される。

美しい水は本当に宝だ。この水を作っているのは森。森は命の源なんだ。

沢

汗だくのシャツを脱いで洗って干す。

裸のまま、また、登りだす。

マイナスイオンいっぱいの木々の中、澄んだ空気を全身に浴びながら。

山頂で空の青さに気づく

自宅からたっぷり2時間かけて、ようやく山頂までたどり着く。

秋の風を体いっぱい吸い込んで、全身がリセットされる。

山頂から小さく小さく見える人、車、住宅街・・・

こんな小さいもののために悩んでいる自分の小ささ。

山頂から見た空は、とても高く、とても青かった。

「空ってこんなに青かったんだ」

山に登るたび、何度も何度も味わってきたこの思いを、今日も感じることができた。

もう一度、がんばってみようと思った。

与えてもらった連休は、この一回の感動で十分有意義なものになった。

こんなに美しい時間を過ごさせてもらったのだから。

こんな経験の積み重ねで、人生は繋がっていく。

山に感謝。

ありがとう。また来ます。

今日一日が楽しくて良かった。

今日は今日だけでいいのです。

今を生きる
30歳になって学んだこと。今を生きることの大切さ。「今日は今日だけでいいのです」。そう思って毎日生きています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました